HOME>ホットトピックス>これ以上の視野欠けを防ぐための治療を受けよう

目次

早期発見が大切

視力検査

緑内障は完治することのない怖い病気だというイメージがありますが、視野がそれほど欠けていないうちに発見できれば、視力をすべて失う確率をかなり低くできます。早期発見するためには、眼科での検査が必要なので気になるのなら受けるようにしましょう。

検査は怖くない

視力検査

緑内障の検査をするとなると、目に何か怖いことをされるのではと不安を感じてしまうかもしれませんが、それはあり得ません。機器を使って客観的に視野が欠けているどうか判断するだけなので、多少目が疲れるかもしれませんが怖いことなく検査は終わります。

目薬を使って進行を防ぐ

医者と看護師

検査の結果が判明して緑内障であることが分かっても、目薬を使うだけで進行を遅らせることができるケースが多いです。毎日目薬をさすのは面倒かもしれませんが、それだけで視野の欠けを防げるのですから、頑張って利用するようにしましょう。ちなみに、緑内障の初期の状態ならば、一日一回だけの利用で十分な目薬も選択できる可能性があるので、面倒ならばそちらが使えないか聞いてみましょう。

ドクターに相談しよう

視力検査機

治ることのない緑内障の治療を続けるのは不安でしょうが、ドクターに相談すれば、治療を始めさえすればそれほど怖くはない病気だということが分かるはずです。不安なまま治療を続けると精神面でもよくないので、疑問があるのならドクターに聞いてみましょう。

広告募集中