HOME>注目記事>治療方法は眼圧を下げることで、視神経の負担を軽減する

眼底検査と視野検査を受ける

視力検査

途中失明の原因ナンバーワンとされている緑内障は、全国の眼科でも予防に力を入れています。大切なことは、早期に発見し、治療をスタートさせることです。緑内障を初期に発見することができれば、点眼のみで進行を抑えることができます。さらに、症状が進行していたとしても、レーザー治療などで治す方法があります。大切なことは、眼底検査と視野検査を受けることです。緑内障は、眼圧の高さに特徴があるため、眼圧が高いことから症状の発見につながることがあります。しかしながら、眼圧を測っただけでは症状の発見には至らず、眼底検査と視野の状態を調べる視野検査を受けることがとても重要です。

視野が欠ける症状は自覚しにくい

女性

緑内障には、視野が欠ける症状が現れるという特徴があります。しかしながら、困ったことに人間は2つの目でものを見ているという特性上、視野が欠けているという自覚症状は殆ど無く、気づいた時にはかなり緑内障が進行してしまっているという状況が多いのです。重要なことは、定期的に眼科にて目の検診を受けること、そして、医師が必要だと判断した時には視野の検査をまずは受けてみることが緑内障の予防につながると言われているのです。

繊細な視神経への負担増による発症

医者

現状では、40歳以上の20人に1人の割合で緑内障は発症しています。それは、全体の5%なので割合としては高くなります。年齢が高くなるにつれて発症率も高くなるので、看過することができない目の病気です。緑内障の特徴は、眼圧が高くなり、目の大切な神経である視神経乳頭に傷がつくことで起こる病気です。そのため、基本的な治療法として確立されているのは、眼圧を下げて視神経への負担を軽減し、視野が欠けるのを防ぐことにあります。

広告募集中