医者と看護師

見えない部分があるのなら検査へいこう

見ている景色の中で欠けている部分があるのなら、もしかすると緑内障という病気を発症しているのかもしれません。もしも、見えない部分に気がついたのなら、早めに眼科を訪れて緑内障かどうかを検査してもらいましょう。視野の状態を検査するための機器が用意されている眼科を利用すれば、すぐに緑内障を発症しているのかを判断してくれます。不安があって診察を受けるのなら、保険が適応されるので安く緑内障検査を行ってもらえます。

目薬と手術で治療が行われる

専門の検査によって緑内障であることがはっきりとしたのなら、目薬を使った治療がスタートされることになります。そして、目薬の効果が思ったようにでなかったのなら、手術が必要になる可能性が高いです。どちらの方法にするのかは、こちら側が希望するのではなく、緑内障の進行を確認したうえでドクターが選択してくれます。視野が欠けている部分がこれ以上広がらないように、最善の治療方法を提案してくれるのでドクターを信じて任せましょう。

眼圧を下げる目薬

緑内障の進行をストップさせるためには、眼圧を下げるのがもっとも有効な選択肢といわれています。その眼圧を下げるために簡単に利用できるのが、目薬をさすという治療方法指す。特別な器具が必要なわけでもなく、普通の目薬のように利用するだけでバッチリと眼圧を下げられるのです。一種類だけではなくたくさんの種類の眼圧を下げるための目薬が用意されているので、自分に合ったものをドクターに選んでもらいましょう。なお、体の状況によっては使ってはいけない目薬もあるので、これまでの病歴を正しく伝えるのが大切になります。

目薬が効かないなら手術

目薬を使っても眼圧が下がらなかったり、使っていくうちに効果がどんどんと下がっていったりすることもあります。そのときは、緑内障に対応した眼圧を下げる手術がいくつかあるので、それをドクターに行ってもらうことになります。日帰りで受けられる手術もありますので、ドクターとじっくりと相談してしっかりと眼圧を下げてもらいましょう。なお、当然のことながら手術を受けるには、手術設備が用意されている眼科でなければいけません。そのため、手術も見越して緑内障の治療を受けるのなら、初診の前に手術設備のチェックをして起きましょう。もしも、手術ができるのなら、それは眼科の売りとなるのでアピールされている場合がほとんどです。眼科がホームページを開設していれば『手術可能』と記載されていることが多いので、まずは目を通してみましょう。緑内障はずっと治療を続ける病気なので、長い付き合いができる眼科を選んだほうが安心できます。

老化とともに誰もが可能性を持っています。緑内障東洋医学が今こそ見直されています。

広告募集中